アレルギー性鼻炎の症状の最近のブログ記事


子供にも花粉症が増えています


アレルギー性鼻炎のおもな原因はハウスダストと言われています。
室内環境が悪いことから起きてしまうのです。


子供の体はアレルギーに対抗できるほど強くありません。
体力がなく、その上アレルギーの原因物質が増えてきていることが原因です。
大人で発症すると言われていたアレルギー性鼻炎が子供にも起きています。


子供がアレルギー性鼻炎のようなアレルギー症状が出てくると、我慢できない傾向にあります。
かゆみがあるときには、そのままかいてしまうことが多くなるでしょう。
症状を悪化させることも多くあります。


鼻の粘膜が刺激を受けますから、鼻をこすったりいじったりといった回数が多くなります。
このような症状が出ても子供の場合には異常があると判断できません。
保護者が気がついてあげるようにしましょう。


特に乳幼児の場合には、話すことができません。
何も伝えることができませんから様子をよく見ておくようにしましょう。



鼻をいじることになると、加減が分からずに鼻血を出すことになりかねません。
学校に行っているという子供の場合には集中力が欠け、精神的にイライラしてきます。


睡眠不足も心配です。
鼻水が出ていたり、くしゃみや鼻づまりといった症状があるときには
アレルギー性鼻炎を疑ってみましょう。


アレルギー性鼻炎のようなアレルギー体質の多くは遺伝です。


両親のどちらか、もしくはどちらもアレルギーを持っていると
子供も発症する確率が高くなります。


小さいうちから発症してしまうことも多くあります。
治療を早く始めることが肝心です。


子供がアレルギー性鼻炎になってしまうのは
生活習慣の変化も挙げることができます。
夜型の生活が続いている子供が多く、
こちらも両親の影響を受けていると言ってもいいでしょう。


また、受験勉強による夜更かしといったことも原因のひとつです。
食事のバランスも悪くなり、しかも時間が不規則です。
アレルギー性鼻炎のようなアレルギーを引き起こしてしまいます。



体の栄養素が不足している状態のときには
アレルギー症状も出やすくなってしまいます

運動をして体を鍛えることが重要です。


体力が不足しているということは、内臓の働きも悪いことが予想できます。
ここから免疫力が低下してアレルギー性鼻炎が起きます。
抗体が一定以上になると症状が出てきます。


まわりの環境の変化によって、子供の頃からアレルギーを持つ子供が増えました。
生活習慣を大事にして防いでいくように気をつけましょう。


体を守るために、規則正しい生活をするということが基本となります。


アレルギー性鼻炎になる人は他のアレルギーも持っていることが多くあります。
体質的に免疫力がなく、抵抗力がないために起きやすくなっているのです。


アレルギー性鼻炎になる人に限らず、
アレルギーがある人は体質遺伝から発症しやすいと言われています。
生活習慣によっては、その発症時期を早くしてしまいます。


体質によらなくても、現代ではアレルギー性鼻炎になる人が増えていると言われています。
これは環境が変化してきたことが原因です。
花粉やハウスダストといった原因物質のほか、
ストレス多く抱えるようになったことを挙げることができます。
食生活も変化して、体質に異変が起きてきたのです。



そして大気汚染も影響していると言われています。
空気が汚れていることで、子供の頃から発症することが多くなりました。



花粉症を含めたアレルギー性鼻炎の発症率は、都会で高くなっています。



住環境の変化からコンクリートの建物が増えたためです。
化学物質が多くなり、ほこりや花粉が舞いやすい環境になってしまいました。


小児喘息やアトピーになっている子供は、アレルギー性鼻炎になる確率が高くなってしまいます。




どれかひとつでもアレルギーがあるという場合には
それ以上のアレルギーが起きないように注意することが大切です。


いびきをかくのは鼻に異常があるときです。
疲れている時にもいびきをかきやすいと言われています。

鼻が詰まっている場合には、特にいびきが出てしまいます。
アレルギー性鼻炎の人ならば、いびきをかくことが多いはずです。


アレルギー性鼻炎を治すという時には
いびきの治療も含まれると言ってもいいでしょう。
いびきをそのままにしておくと、普段の生活にも影響が出るからです。


いびきをかいている時というのは眠りが浅い状態です。
それだけ睡眠不足の状態となり
起きているときにも眠くなったり、集中力がなくなったりします。


体調不良につながってもきます。
精神的に落ち着きがなくなって、感情的になることが多くなるのです。


アレルギー性鼻炎は、鼻が詰まり鼻水も出ていることが多くなります。
それが、寝ている間には解消されることがありません。
ここから気道が狭くなり、鼻呼吸ができなくなるのです。

鼻の通りがよくなったら、つまりアレルギー性鼻炎の症状がよくなったならば
いびきもかかなくなってきます。
早めに治していくことで、どちらの症状も軽くすることができます。


自分ひとりの問題ではありません。
家族と一緒という人の場合には、まわりの人の睡眠を妨げていることにもなってしまいます。




アレルギー性鼻炎のようなアレルギー症状が出るのは
朝や夜寝ている間が多いと言われています。

これは副交感神経の働きが強くなるためです。


交感神経と副交感神経は自律神経として知られています。

このうちの副交感神経は寝ている間に活動しています。
そして、この神経はアレルギー反応と深い関係にあります。
アレルギー症状を強くしてしまうのです。


アレルギー性鼻炎を抑えるためには、
寝る前にしっかりと予防をしておくことが大切となります。


普段の生活でも気をつけなければいけないことがたくさんあります。
生活習慣によって症状をひどくしてしまうからです。


アレルギー症状が出るという人は、花粉症の場合なら花粉
ハウスダストならばほこりなどアレルゲンを排除しておくことです。


睡眠不足などがあっても、アレルギー性鼻炎の症状がひどくなります。
このようなことがないようしっかりと普段の生活を見直してみましょう。


鼻炎の症状は鼻の粘膜が刺激を受けることによって起きてしまいます。
くしゃみや鼻水などは特徴的な症状です。


このほかにも粘膜が弱くなっている部分には症状が出てしまいます。
目のかゆみが起きるということも知られていることです。

アレルギー性鼻炎は神経の働きが影響しています。


ここから頭痛が起きてしまう場合もあります。