アレルギー性鼻炎を軽くする対策の最近のブログ記事


アレルギー性鼻炎の治療法はいくつか用意されています。
即効性のあるものや時間をかけて治すものなど、
症状や効果によって採用していくことになります。


このなかに、アレルギー性鼻炎に有効な治療法として
オルゴール療法があります。



名前に入っているとおりにオルゴールの音楽を聴いて、症状をなくしていく方法です。
薬や処置、手術とは違います。
体に負担をかけることなく、アレルギー性鼻炎の症状を抑えるようにしていくのです。


効果は実証済みです。
薬での治療をしていたという人も、オルゴール療法によって症状が緩和できたと言われています。
早い人の場合には、7日ほどで効果が表れます
そして翌週には症状がほとんど出ないという人もいるのです。



これはアレルギー性鼻炎の原因が、自律神経に関係していることを利用しています。
神経の働きが悪いと、ホルモンの分泌力も低下します。
ここから症状が悪化して治らないということにつながってくるのです。
これらは体質を悪くさせる原因です。
冷え性や血行不良、低体温に免疫力の低下などどれも体質改善を妨げているのです。



オルゴールを聴くことで脳に作用して、そこから神経の働きが正常になるようにしていきます。
体調が良くなり、アレルギー性鼻炎の症状にも効き目が出るというわけです。


アレルギー性鼻炎になってしまったらその抗原にできるだけ近づかないことが大切です。
しかしそれだけでは症状の緩和につなげることは難しくなります。
普段の生活を邪魔することになり、
そのままにしていても症状がひどくなることにつながっていきます。


体質を変えていき症状が出なくなるようにするという
努力も必要になってくるでしょう。


体質を変えるのは短期間では困難です。
長い時間をかけて治すというとらえ方をしておきましょう。


このときに有効なものがサプリメントです。


アレルギー性鼻炎に効き目のあるサプリメントは複数あります。
便秘がちな人でアレルギー性鼻炎の症状がひどくなるという人には
アシドフィルス菌】を使ったサプリメントがいいでしょう。

これは毒素を排出することでアレルゲンを体内からなくしていくものです。
ドイツでは医薬品として抗ヒスタミンとされているものが【ケルセチン】です。
皮膚に強く出るアレルギー性鼻炎の症状には、高い効果があります。
ヒスタミンが大量に出るのを防ぎ、皮膚の炎症やかゆみを抑えることが可能です。


鼻や目に出るアレルギー性鼻炎の症状に有効なのが【ブルメライン】です。
タンパク質が原因で起きるかゆみや腫れを抑え、血行をよくする働きを持っています。


これらは花粉症のようなアレルギー性鼻炎のほか
蓄膿症やアトピー性皮膚炎などにも有効です。


アレルギー性鼻炎の症状を抑えるためには、鼻の洗浄が効果的です。
粘膜に張りついてしまったアレルゲンを洗い流すことができます。


市販されている薬もありますが、自宅でも簡単にできる方法があります。
自分にぴったりの方法を見つけて、毎日実践することをお勧めします。


点鼻薬も、アレルギー性鼻炎の人にとっては欠かせないアイテムです。
鼻づまりや鼻水が出る場合には症状緩和に役立ちます。

すぐに効き目が表れるということも、大きな利点です。
常に持ち歩いて、いつでも使えるようにしておきましょう。



気をつけることとしては使いすぎないということです。
決められている使用量を守るようにしましょう。
使いすぎてしまうと逆効果となります。
粘膜が刺激を受けて、鼻が詰まることが多くなってしまうのです。


点鼻薬のほか、内服薬アレルギー性鼻炎の治療には使われます。
市販されているものの場合には鼻炎の薬になるでしょう。
広くどのようなアレルギー性鼻炎にも効くようにできています。

分泌抑制薬抗ヒスタミン剤血管収縮薬などです。
症状がひどい場合には我慢することなく服用したほうがいいでしょう。


長い間、症状に悩んでいるという人ならば
処方してもらったほうが安心です。



適した薬を処方してくれ、効き目も強くなっています。


アレルギー性鼻炎は体質によって発症しやすくなっている病気です。


生涯症状が出ないという人もいれば
子供の頃から発症する人がいることからも分かります。


抗原に対する抵抗力があるのかどうかにかかっている
と言ってもいいでしょう。


アレルギー性鼻炎の症状を緩和するためには治療薬が使われます。
薬を服用していてもそれだけでアレルギー性鼻炎を治すことは難しいとされています。


治療をしていく必要がありますが、ここに漢方薬を使ってみるという方法もあります。
体質改善に効き目があり特有の症状となる、くしゃみや鼻水を緩和する力にすぐれています。


風邪薬にも使われることの多い漢方薬に【葛根湯】があります。


ここにさらに2つの生薬を加えたものが、アレルギー性鼻炎には有効とされています。
鼻づまりには高い効果があり、鼻の通りをよくすることができます。


四神伝説からきている漢方薬が【小青竜湯】です。
初期症状や軽い症状に効き目がある漢方薬となります。
花粉症や、アレルギー性鼻炎のくしゃみや鼻水に有効です。


こちらはすぐれた治療薬となっています。
冷え性緩和を目指し体の代謝をアップしていくのです。
水分の排出機能が高くなり、体質を変えるという目的には最適です。


アレルギー性鼻炎を治す場合には、薬や処置による治療が行われます。

このほかもっとも効果が早い治療法には手術があります。
手術にはいくつかの種類があり、適した手術をすることになります。


症状のレベルも関係してきます。
医師に相談し、効果的な手術を採用するようにしましょう。

後鼻神経凍結手術
下甲介粘膜焼灼術
後骨神経合併切除術などが、アレルギー性鼻炎を治す手術です。


後鼻神経凍結手術】は粘膜を冷却して、変化させる手術です。
安全な手術で、痛みもありません。
麻酔も局所麻酔が行われ手術自体も数分程度で済みます。
神経や粘膜を傷つけることなく治療ができる方法です。


下甲介粘膜焼灼術】はこの冷却法とは逆に、粘膜をレーザーで焼いていく方法です。
ハウスダストによるアレルギー性鼻炎に、高い効果を発揮します。
これは粘膜を再生させて、抗原に強い皮膚にしていく方法です。
症状が出にくくなり、安全で危険性は少ない方法となっています。


後骨神経合併切除術】は症状を出している神経を切断する方法です。
この手術は全身麻酔を使って行われます。
そのため、入院しながら手術に臨むことになります。
アレルギー性鼻炎の症状が重いという人には、とても有効な治療法です。
全身麻酔ですが、粘膜自体は傷がつきません。


気軽にできるアレルギー性鼻炎の治療なら
レーザー治療がお勧めです。

この方法なら、子供から大人まで治療を受けることができます。


子供が受けるには最低でも10歳からとなっています。
入院する必要もありません。
日帰りででき、その後の通院治療も少ないとされています。

保険の適用もあります。
アレルギー性鼻炎をレーザーで治す場合には自己負担として1万円ほどです。


ただ、効果が半永久に続くという治療法ではありません
2年くらいしか持続しませんから症状を抑えるためには複数回レーザーを受ける必要があります。


治療自体はとても簡単です。
麻酔をして、両方の鼻にする場合には20分と短いものです。
そのままの状態で帰ることができます。


治療が簡単で副作用の心配もありません。
長年、アレルギー性鼻炎の症状が出ているという人にはお勧めします。


アレルギー性鼻炎は、一時的なものの場合でも症状がひどいというケースがあります。
そして症状が軽くても、通年性の場合にはやはりつらいということになります。


レーザーによって粘膜を変えることで、症状を和らげることが可能です。
薬による治療がつらいという人は、レーザーを検討してみてはいかがでしょう。


アレルギー性鼻炎のつらい症状を抑えるためには
治療をする必要があります。


原因に合わせて治療を進めていくことになるでしょう。


アレルギー性鼻炎の原因が何かを検査で調べます。
この抗体に合わせて効果的な治療をしていくことになります。


大切なことは、アレルゲンを寄せつけないことです。
体に入り込まないよう鼻や口を覆うということが必要となってきます。


アレルギー性鼻炎の治療をするというときには、
長期に渡ることも考えられます。
時間のかかる治療としては、減感作療法があります。



この治療法は、エキスを体内に注射していくことで
症状が出ないようにしていくものです。

体質が改善されるまでには3年
ほどかかります。


治療薬によく使われているのはステロイド剤です。
ステロイド剤はとても有効な治療薬ですが、副作用があります。
服用するときには医師の指示をしっかりと守るようにしましょう。



アレルギー性鼻炎の原因が、花粉症という場合の治療法もあります。
鼻に出る症状緩和のほか、目に出る症状を緩和する場合もあるでしょう。
花粉がつかないようにしておくことが大切です。


予防や対策が重要で症状を抑えながら、アレルギー性鼻炎を治していくようにします。




風邪とも違う症状が出てきたら検査を受けるようにしましょう。

特にその症状が長くなっている場合には
【アレルギー性鼻炎】の可能性があります。


耳鼻科に行くと最初に検査を受けます。
症状の程度や症状が出た時期など
できるだけ正確に伝えるようにしましょう。

アレルギー性鼻炎の検査にはいくつかの種類があります。
何が原因で症状が起きているのかを特定するための検査が
鼻粘膜誘発テスト血中特異的IgE抗体検査です。


同じく皮膚反応検査もアレルゲンを特定するために行われます。
皮膚に抗原となるエキスを付着させて反応が出るのを待つのです。
何も症状が出ない場合には、アレルギー性鼻炎ではありません。

腫れたりかゆみが出たりした場合には
その抗原に対して、アレルギーがあるということになります。


アレルギー性鼻炎は風邪ととてもよく似ています。
この区別をするために行われるのが、鼻汁中好酸球検査です。


決められている試薬を使い鼻水との反応を見ます。
ここで好酸球が増えていたらアレルギー性鼻炎ということになります。


鼻粘膜の状態を調べる検査が鼻鏡検査です。

アレルギー性鼻炎の場合には粘膜に鼻水がつき
腫れている症状が見られます。


大人に限らず子供にも症状が出ているものが【アレルギー性鼻炎】です。
症状が出てきてからでは治すことが難しいと言われています。


アレルギー性鼻炎は誰もがなりうる病気です。
発病しないようにしておくことが、一番の対策と言えるでしょう。

アレルゲンとして多いのが花粉です。
外出すると体には花粉が付着してしまいます。
そのままにしておくことで、鼻が刺激を受けて体内に蓄積されます。


この数値が一定以上になると、アレルギー性鼻炎になってしまいます。
予防のためには、外出時にはできるだけ花粉のそばに近寄らないことです。



さらに、体につかないようにしておきます。
粘膜をガードして、外出先から戻ったら外でしっかりと花粉を落としましょう。

動物も飼わないほうが安心です。
動物の体にはノミやダニがついているからです。
ペットの毛も刺激となります。


室内環境にも気をつけましょう。
湿度は50パーセントにしておくことをお勧めします。
温度ならば25度前後が最適です。

これ以上の温度になってしまうとダニが発生して、
アレルギー性鼻炎を引き起こしてしまいます。


じゅうたんやカーペットなど、毛が長いものを敷いておくのも体には悪影響です。
フローリングの場合にはほこりが舞いやすく、それだけ体内に入ってしまいます。


アレルギー性鼻炎の予防と対策のためには、畳がお勧めです。
ほこりがすぐに分かり、移動することがないからです。