子供がアレルギー性鼻炎になる理由


アレルギー性鼻炎のようなアレルギー体質の多くは遺伝です。


両親のどちらか、もしくはどちらもアレルギーを持っていると
子供も発症する確率が高くなります。


小さいうちから発症してしまうことも多くあります。
治療を早く始めることが肝心です。


子供がアレルギー性鼻炎になってしまうのは
生活習慣の変化も挙げることができます。
夜型の生活が続いている子供が多く、
こちらも両親の影響を受けていると言ってもいいでしょう。


また、受験勉強による夜更かしといったことも原因のひとつです。
食事のバランスも悪くなり、しかも時間が不規則です。
アレルギー性鼻炎のようなアレルギーを引き起こしてしまいます。



体の栄養素が不足している状態のときには
アレルギー症状も出やすくなってしまいます

運動をして体を鍛えることが重要です。


体力が不足しているということは、内臓の働きも悪いことが予想できます。
ここから免疫力が低下してアレルギー性鼻炎が起きます。
抗体が一定以上になると症状が出てきます。


まわりの環境の変化によって、子供の頃からアレルギーを持つ子供が増えました。
生活習慣を大事にして防いでいくように気をつけましょう。


体を守るために、規則正しい生活をするということが基本となります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.finenose.net/mt201306/mt-tb.cgi/19

コメントする