アレルギー性鼻炎を治すには


アレルギー性鼻炎を治す場合には、薬や処置による治療が行われます。

このほかもっとも効果が早い治療法には手術があります。
手術にはいくつかの種類があり、適した手術をすることになります。


症状のレベルも関係してきます。
医師に相談し、効果的な手術を採用するようにしましょう。

後鼻神経凍結手術
下甲介粘膜焼灼術
後骨神経合併切除術などが、アレルギー性鼻炎を治す手術です。


後鼻神経凍結手術】は粘膜を冷却して、変化させる手術です。
安全な手術で、痛みもありません。
麻酔も局所麻酔が行われ手術自体も数分程度で済みます。
神経や粘膜を傷つけることなく治療ができる方法です。


下甲介粘膜焼灼術】はこの冷却法とは逆に、粘膜をレーザーで焼いていく方法です。
ハウスダストによるアレルギー性鼻炎に、高い効果を発揮します。
これは粘膜を再生させて、抗原に強い皮膚にしていく方法です。
症状が出にくくなり、安全で危険性は少ない方法となっています。


後骨神経合併切除術】は症状を出している神経を切断する方法です。
この手術は全身麻酔を使って行われます。
そのため、入院しながら手術に臨むことになります。
アレルギー性鼻炎の症状が重いという人には、とても有効な治療法です。
全身麻酔ですが、粘膜自体は傷がつきません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.finenose.net/mt201306/mt-tb.cgi/11

コメントする