アレルギー性鼻炎と合併症の関係


アレルギー性鼻炎になる人は他のアレルギーも持っていることが多くあります。
体質的に免疫力がなく、抵抗力がないために起きやすくなっているのです。


アレルギー性鼻炎になる人に限らず、
アレルギーがある人は体質遺伝から発症しやすいと言われています。
生活習慣によっては、その発症時期を早くしてしまいます。


体質によらなくても、現代ではアレルギー性鼻炎になる人が増えていると言われています。
これは環境が変化してきたことが原因です。
花粉やハウスダストといった原因物質のほか、
ストレス多く抱えるようになったことを挙げることができます。
食生活も変化して、体質に異変が起きてきたのです。



そして大気汚染も影響していると言われています。
空気が汚れていることで、子供の頃から発症することが多くなりました。



花粉症を含めたアレルギー性鼻炎の発症率は、都会で高くなっています。



住環境の変化からコンクリートの建物が増えたためです。
化学物質が多くなり、ほこりや花粉が舞いやすい環境になってしまいました。


小児喘息やアトピーになっている子供は、アレルギー性鼻炎になる確率が高くなってしまいます。




どれかひとつでもアレルギーがあるという場合には
それ以上のアレルギーが起きないように注意することが大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.finenose.net/mt201306/mt-tb.cgi/14

コメントする