漢方で治すアレルギー性鼻炎


アレルギー性鼻炎は体質によって発症しやすくなっている病気です。


生涯症状が出ないという人もいれば
子供の頃から発症する人がいることからも分かります。


抗原に対する抵抗力があるのかどうかにかかっている
と言ってもいいでしょう。


アレルギー性鼻炎の症状を緩和するためには治療薬が使われます。
薬を服用していてもそれだけでアレルギー性鼻炎を治すことは難しいとされています。


治療をしていく必要がありますが、ここに漢方薬を使ってみるという方法もあります。
体質改善に効き目があり特有の症状となる、くしゃみや鼻水を緩和する力にすぐれています。


風邪薬にも使われることの多い漢方薬に【葛根湯】があります。


ここにさらに2つの生薬を加えたものが、アレルギー性鼻炎には有効とされています。
鼻づまりには高い効果があり、鼻の通りをよくすることができます。


四神伝説からきている漢方薬が【小青竜湯】です。
初期症状や軽い症状に効き目がある漢方薬となります。
花粉症や、アレルギー性鼻炎のくしゃみや鼻水に有効です。


こちらはすぐれた治療薬となっています。
冷え性緩和を目指し体の代謝をアップしていくのです。
水分の排出機能が高くなり、体質を変えるという目的には最適です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.finenose.net/mt201306/mt-tb.cgi/13

コメントする